ロス教授の異常な体験  下

ニーズウォンド ピーター<Niesewand Peter>【著】;大貫 〓【訳】

ソ連の核弾頭発射プログラムを改ざんせよとの大統領直令を受け、スパイとして殺しのテクニックまで身につけたマーチン・ロス教授。ところが決行直前になって、思いもよらぬ障害がたちはだかった。教授の肉体に知らずしらずのうちに危機がしのびよっていたのだ。しかし、作戦の成功には教授の頭脳は絶対に不可欠だ。苦脳する国防情報局(DIA)。刻々と迫る作戦決行日。ともに作戦のために訓練を続けてきた、DIA局員デイビッド・ケインに一抹の不安が…。DIAではあらゆる可能性が協議され、ついに一つの結論が導き出された。それは倫理をはかるに超えた、驚くべきものであった。作戦遂行のために、DIAが選んだ、神をも恐れぬその方法とは…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロス教授の異常な体験
著作者等 大貫 〓
ニーズウォンド ピーター
書名ヨミ ロスキヨウジユノイジヨウナタイケン : ゲ
シリーズ名 扶桑社ミステリー
巻冊次
出版元 扶桑社
刊行年月 1988.12.15
ページ数 358p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4594003761
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想