対談集 敵よりも一日ながく : 総評解散と国鉄労働運動

六本木 敏;鎌倉 孝夫;村上 寛治;中野 洋;佐藤 芳夫;高島 喜久男【著】

労働運動の危機をつきやぶる戦いの最前線からの緊急発言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 JRの危機が深まっている-国労四万労働者の闘い
  • 2 いま、なぜ国鉄労働運動か-その歴史と教訓
  • 3 対抗基軸としての国鉄戦線-分割・民営化反対闘争と労戦統一
  • 4 総評労働運動をのりこえる道-権力問題に核心がある
  • 6 連合結成をどう読むか-労戦統一運動と日本帝国主義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 対談集 敵よりも一日ながく : 総評解散と国鉄労働運動
著作者等 六本木 敏
中野 洋
佐藤 芳夫
村上 寛治
高島 喜久男
鎌倉 孝夫
書名ヨミ タイダンシユウテキヨリモイチニチナガク : ソウヒヨウカイサントコクテツロウドウウンドウ
出版元 社会評論社
刊行年月 1988.12.1
ページ数 325p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN02990882
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想