ことばエッセイ 桟橋にぶち当たったオコゼ

川崎 洋【著】

子どもの詩のオドロキ・言葉のニュアンス・悪態のなかのホホエミ・方言のダイナミズム-。これらはすべて、詩人川崎洋のポエジーの源泉。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 子どもの詩
  • 言葉の息づかい
  • 悪態のダイナミズム
  • 方言を考える
  • 方言とわたし

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ことばエッセイ 桟橋にぶち当たったオコゼ
著作者等 川崎 洋
書名ヨミ コトバエツセイサンバシニブチアタツタオコゼ
出版元 沖積舎
刊行年月 1988.11.25
ページ数 275p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4806040118
NCID BN09594125
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想