いのちとからだの なぞなぞなんだ

かこ さとし【文】;清原 一秀【絵】

なぜ、おならはくさいの?なぜ、爪はのびるの?なぜ、ぐるぐる回りすると目がまわるの?…なぜ、人は死ぬの!子どもの素朴な疑問と悩みを通して、最も身近な存在である自分自身のからだと心について、子どもの目でみつめていく絵本です。4歳〜小学校低学年向き。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いのちとからだの なぞなぞなんだ
著作者等 加古 里子
清原 一秀
かこ さとし
書名ヨミ イノチトカラダノナゾナゾナンダ
シリーズ名 かこさとしのからだとこころのえほん 8
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1988.12.15
ページ数 32p
大きさ 31×24cm
ISBN 4540880985
NCID BN03194860
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想