鬼道組訣別 : 新・野獣舞踏会  7

竹島 将【著】

全世界の情報機関を混乱に陥れた『ダブル・クロス』の最高指揮官として、水上龍孝は着々と己れの野望を実現しつつあった。一方、第三世界の資産が中東の小国バーレーンの金融市場に流れ込み、それと同時期に、イラク、エジプト、サウジアラビアの3国が中距離核ミサイル・ナイチンゲール2を共同開発したという情報も浮かびあがる。水上の策謀によって鏑木を失った鬼道組は、訣別の予感にかつてない人間としての心の揺らぎを覚えながらも、苛酷な決戦の口火を切る。謀略の渦まく地獄の中を、遠い心の傷を胸にした亡獣連城重吾の怒号が駆け巡る。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鬼道組訣別 : 新・野獣舞踏会
著作者等 竹島 将
書名ヨミ キドウグミケツベツ : シンヤジユウブトウカイ : 7
シリーズ名 広済堂ブルーブックス
巻冊次 7
出版元 廣済堂出版
刊行年月 1988.12.15
ページ数 208p
大きさ 18cm
ISBN 4331053407
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想