鞍馬天狗 地獄太平記  下

大仏 次郎【著】

鞍馬天狗の追及を逃れてシャンハイへと向かった本荘長太夫は、はじめて破獄の真相を知った。長州征伐のためシャンハイで軍艦を買付け、日本に回航させようと目論んだのだ。だが、この企みは失敗に終り、長太夫は奇兵隊隊士篠塚多七郎のつてで長州へと向かった。一方、鞍馬天狗も西郷隆盛の密命をうけ、京から長州戦争の真只中へ。ようやく巡り会った長太夫と天狗の巖流島の対決。痛快時代長篇完結篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鞍馬天狗 地獄太平記
著作者等 大仏 次郎
書名ヨミ クラマテングジゴクタイヘイキ : ゲ
シリーズ名 徳間文庫
巻冊次
出版元 徳間書店
刊行年月 1988.12.15
ページ数 254p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 419598663X
NCID BN1535238X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想