泡宇宙論

池内 了【著】

シャボン玉、海や河辺の泡、ビールの泡など、泡は身のまわりにありふれている。ところが宇宙でも泡はありふれた存在、というより泡が基本構造であることを、ここに主張する。著者の泡宇宙論が認められてからまだ日が浅く、反論の余地はあるかもしれない。しかし、この宇宙を単一のキイワード「泡」で叙述した物理学者の手腕は、見事である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地上の泡いろいろ
  • 第2章 太陽から飛び出す泡
  • 第3章 泡で覆われた銀河
  • 第4章 進化する宇宙
  • 第5章 宇宙の泡構造
  • 第6章 宇宙の空間分割
  • エピローグ-あとがきにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 泡宇宙論
著作者等 池内 了
書名ヨミ アワウチユウロン
シリーズ名 モナド・ブックス 55
出版元 海鳴社
刊行年月 1988.11.18
ページ数 124p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想