月の人 豊臣秀頼  下

大仏 次郎【著】

豊臣家滅亡後も、天守炎上とともに焼死したとされる秀頼の生存の噂は絶えない。キリシタン大名・明石掃部の手によって逃れたとの目撃者も出て、将軍指南役・柳生宗矩は探索のため西下した。一方、島津を頼った緑之助、左門は、すでに徳川の世か、思いもかけぬ冷い扱いを受けた。そして未だ戦塵消えぬ殺伐の中、光姫は大痴和尚とともに緑之助を追って薩摩へと向うが…。時代長篇完結篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 月の人 豊臣秀頼
著作者等 大仏 次郎
書名ヨミ ツキノヒトトヨトミヒデヨリ : ゲ
シリーズ名 徳間文庫
巻冊次
出版元 徳間書店
刊行年月 1988.11.15
ページ数 349p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4195986400
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想