功利主義と法理論

日本法哲学会【編】

[目次]

  • 論説(R.M.ヘアの功利主義と権利の問題
  • 私的利益と規範の生成
  • 功利主義と効率性-不法行為法の観点から
  • 功利と伝統-功利主義批判への保守主義的視点
  • 法と狭義の道徳
  • ホッブズの自然権論の歴史的背景
  • 法と暴力-ベンヤミン「暴力批判論」を手がかりとして)
  • 研究ノート(A.センの権利論-相互依存状況における自由
  • ショムロー・ボードグの学問的軌跡-実証主義と倫理の問題にふれて
  • J.ファインバーグの人権論-人権の性格を中心として)
  • 書評(矢崎光圀著『日常生活の法構造』
  • 田中成明著『現代日本法の構図-法の活性化のために-』
  • 森際康友・桂木隆夫編著『人間的秩序-法における個と普遍-』)
  • 海外法哲学文献(1987年)
  • 日本法哲学会学術大会・総会記事

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 功利主義と法理論
著作者等 日本法哲学会
書名ヨミ コウリシユギトホウリロン
出版元 有斐閣
刊行年月 1988.10.25
ページ数 202p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4641026726
NCID BN03223040
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想