ある化学者の殺人

由良 三郎【著】

桜井家に名目上養子で迎えられた晃二は、年上の妻玉乃に采配を振るわれ、苛立ちがつのるばかりだった。いっそ妻を殺してしまえば-化学者である彼は、秘かに実験を続け、功妙な手口を見出した。実行に移すのは玉乃の誕生日を祝う夕食会で、しかも客人の目の前で堂々とやってのける!!周到に準備された計画には、一分の隙もないように見えたが…。日常の中にひそかに息づく殺意を鋭く描いた、傑作本格推理。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ある化学者の殺人
著作者等 由良 三郎
書名ヨミ アルカガクシヤノサツジン
シリーズ名 広済堂文庫
出版元 廣済堂出版
刊行年月 1988.11.10
ページ数 346p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4331601560
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想