日本文化の諸相

唯物論研究協会【編】

[目次]

  • 「新京都学派」と「新国家主義」(上田浩)
  • 現代における「日本的なもの」(中村浩爾)
  • 『菊と刀』再考(河村望)
  • 柳田国男と日本文化論(田中収)
  • 柳宗悦の民芸論-労働論・技術論の視点から(仲村政文)
  • 奄美の宗教と文化(田平暢志)
  • <海外寄稿論文>ドイツにおける日本研究についての一考察-研究状況、問題点、提案(ヴォルフガング・ザイフェルト/尾関周二訳)
  • <批判と討論>マルクスにおける「意識」の問題-秋間実氏の批判に答えて(石井伸男)
  • <研究論文>創造の弁証法-主体的弁証法の問題(立野保男)
  • <日本における唯物論研究の動向>現代日本社会の思想的位相(1987年7月〜88年7月)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文化の諸相
著作者等 唯物論研究協会
書名ヨミ ニホンブンカノシヨソウ
出版元 白石書店
刊行年月 1988.10.31
ページ数 272,10p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4786602167
NCID BN02906208
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想