湿原  下

加賀 乙彦【著】

恐ろしい冤罪に耐える和香子と雪森を救うため、奔走する若き弁護士阿久津純。1969年2月11日の二人のアリバイが立証され、無罪の判決に至るまでに10年近くの年月が流れた。和香子は述懐する-監獄の現実は監視し管理し命令し密告し人間を家畜みたいに取り扱うと。今、和香子は雪森の故郷北海道根室に彼を追う。この土地で二人で生きるために…。人間の魂の救済と愛を描く力作長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 湿原
著作者等 加賀 乙彦
書名ヨミ シツゲン : ゲ
シリーズ名 新潮文庫
巻冊次
出版元 新潮社
刊行年月 1988.10.5
ページ数 566p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4101067058
NCID BN03161861
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想