乗取り屋  下 黒い華燭の巻

広瀬 仁紀【著】

榊原文麿はわずか18歳で「榊原商店」を設立した。「殺られる前に殺れ!」太平洋戦争のどさくさで荒稼ぎした資金をもとに、老舗・伊丹屋百貨店を手始めに、次々と有力企業の経営権を狙う。そしてついに、「ホテル・ニュー赤坂」の経営権を掌中にした。野望に生きる男の栄光と挫折を描く長編企業ピカレスクの傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乗取り屋
著作者等 広瀬 仁紀
書名ヨミ ノツトリヤ : ゲ-クロイカシヨクノマキ
シリーズ名 光文社文庫
巻冊次 下 黒い華燭の巻
出版元 光文社
刊行年月 1988.10.20
ページ数 306p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4334708242
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想