カント全集  第13巻

カント I.【著】<Kants Immanuel>;小倉 志祥【訳】

[目次]

  • 世界市民的意図における普遍史のための理念
  • 啓蒙とは何か?この問いの答え
  • ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー「人類の歴史哲学考」(第1部、第2部)についての論評
  • 人種の概念の規定
  • 人間歴史の臆測的起源
  • 理論と実践に関する俗言
  • 万物の終末
  • 永遠平和のために(1795年)
  • 哲学における永遠平和条約の近い締結の告示
  • 学部の争い(哲学部と神学部との争い
  • 哲学部と法学部との争い
  • 哲学部と医学部との争い)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 世界市民的意図における普遍史のための理念(一七八四年) / p13
  • 啓蒙とは何か?この問いの答え(一七八四年) / p37
  • ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー「人類の歴史哲学考」(第一部、第二部)についての論評(一七八五年) / p49
  • I / p51
  • 補論 / p61
  • II / p66
  • III / p70
  • 人種の概念の規定(一七八五年) / p81
  • 人間歴史の臆測的起源(一七八六年) / p105
  • 理論と実践に関する俗言(一七九三年) / p129
  • I / p136
  • II / p152
  • 結論 / p163
  • III / p178
  • 万物の終末(一七九四年) / p189
  • 永遠平和のために(一七九五年) / p211
  • 第一章 / p214
  • 第二章 / p223
  • 附録 / p255
  • I / p255
  • II / p271
  • 哲学における永遠平和条約の近い締結の告示(一七九六年) / p281
  • 学部の争い(一七九八年) / p297
  • 序文 / p301
  • 内容 / p311
  • 第一部 哲学部と神学部との争い / p315
  • 序論 / p317
  • 学部一般の区分 / p319
  • I 学部の関係について / p322
  • 第一章 上級学部の概念と区分 / p322
  • 第二章 下級学部の概念と区分 / p330
  • 第三章 上級学部と下級学部との違法な争いについて / p334
  • 第四章 上級学部と下級学部との合法的な争いについて / p338
  • 成果 / p342
  • II 附論 神学部対哲学部の争いの例による学部間の争いの解明 / p344
  • I 争いの実質 / p344
  • II 争いの調停のための聖書解釈の哲学的原則 / p347
  • III 聖書解釈の原則に関する哲学的原則の反論と回答 / p357
  • 総註 宗派について / p361
  • 学部間の争いの講和締結と調停 / p379
  • この聖なる書物の実践的利用とこの書の継続の臆測的時間についての聖書的-史学的諸問題の補遺 / p389
  • 宗教における純粋神秘説についての補遺 / p391
  • 第二部 哲学部と法学部との争い / p401
  • 再び始まる問い 人類はより善いものに向う絶えざる進歩のうちにあるかどうか / p403
  • 結び / p423
  • 第三部 哲学部と医学部との争い / p425
  • 単なる意図によって病的感情の支配者となる心意の力について-フーフェルラント教授殿への返書 / p427
  • 養生法の諸原則 / p432
  • 結び / p448
  • 後記 / p451
  • 補遺 / p454
  • 訳注 / p459
  • 解説 / p581
  • 索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 カント全集
著作者等 Kant, Immanuel
小倉 志祥
カント I.
書名ヨミ カント ゼンシュウ
書名別名 歴史哲学論集

Kanto zenshu
巻冊次 第13巻
出版元 理想社
刊行年月 1988.9
ページ数 789, 32p
大きさ 22cm
ISBN 4650000130
NCID BN02582070
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89013992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
歴史哲学論集 小倉 志祥
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想