高電圧大電流工学

宅間 董;柳父 悟【執筆】

本書は、高電圧大電流の分野における最近の進歩を背景として、高電圧および大電流に関する基礎的な内容をできるだけわかりやすく、また広い範囲で記述したもので、特に次の点に留意している。絶縁物の特性や大電流現象のデータは、一般的な内容でなるべく新しいものを採用した。Weibull分布や気体の電離係数の使用によって、複雑な絶縁破壊現象をなるべく統一的に把握できるような記述を心がけた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 高電圧大電流工学の意味
  • 第2章 高電圧の基礎
  • 第3章 静電界とその計算
  • 第4章 絶縁物の特性
  • 第5章 大電流現象
  • 第6章 高電圧および大電流の発生
  • 第7章 高電圧および大電流の測定
  • 第8章 高電圧および大電流機器
  • 第9章 高電圧および大電流の試験

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高電圧大電流工学
著作者等 宅間 董
柳父 悟
電気学会
電気学会通信教育会
書名ヨミ コウデンアツダイデンリユウコウガク
シリーズ名 電気学会大学講座
出版元 オーム社
電気学会
刊行年月 1988.9.30
ページ数 272p
大きさ 22×16cm
ISBN 4886862098
NCID BN02689110
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想