江戸剣花帖  下

邦光 史郎【著】

幕閣の陰謀と深い関わりのある三面の鏡を求めて、無刀剣の免許皆伝・表一平は東海道を旅していた。敵は、妖術使いの美少女・おエンさまと鉄の腕を持つ怪物・おぼろ左近、忍者・むささびの三人組ばかりではない。深編笠の武士団、本山派・当山派に分かれた山伏、根来衆なども秘かに暗躍。折から、駿府に滞在中の紀州候のもとに鏡が一面あることが判明する。三面の鏡に秘められた謎とは…?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸剣花帖
著作者等 邦光 史郎
書名ヨミ エドケンカチヨウ : ゲ
シリーズ名 徳間文庫
巻冊次
出版元 徳間書店
刊行年月 1988.10.15
ページ数 350p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 419568613X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想