余計者の女たち

ギッシング ジョージ【著】;太田 良子【訳】

1880年代英国の人口統計では、女性の数が男性をはるかに上回っていた。こうした深刻な社会問題をふまえ、女性にとっての結婚、仕事、自立とは何かを掘り下げたギッシングの意欲作。「フェミニスト・クラシック」の評価をうけているこの作品は今日なお新鮮であり、かつ重いテーマを担っている。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 余計者の女たち
著作者等 Gissing, George
太田 良子
ギッシング ジョージ
書名ヨミ ヨケイモノノオンナタチ
シリーズ名 ギッシング選集 第3巻
出版元 秀文インターナショナル
刊行年月 1988.10.1
ページ数 361p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4879633933
NCID BN02863783
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想