ユダヤ人は有史以来 : パレスチナ紛争の根源  下

ピーターズ ジョーン【著】<Peters Joan>;滝川 義人【訳】

パレスチナをめぐる固定観念に挑み、膨大な歴史的資料によって、相剋の根源を解き明かす-ユダヤ、アラブ共存の新たな展望をひらく画期的大作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 3 パレスチナは誰の地か-人口移動の真相(非合法のアラブ移民
  • アラブの土地喪失という神話
  • イギリスの二枚舌外交
  • 連合国側に立ったユダヤ人
  • イスラエル誕生への道のり
  • 事実からの逃避)
  • 4 より深く理解するための資料編(ハイファ地区の状況
  • パレスチナ民族憲章
  • ファイサル・ワイツマン協定
  • 西パレスチナへの人口移動
  • 人口調査に関するコメント
  • 西パレスチナへのアラブ人の流入
  • ピール委員会査問会でのムフティの証言
  • ムフティズムとナチズムの協力)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユダヤ人は有史以来 : パレスチナ紛争の根源
著作者等 Peters, Joan
滝川 義人
ピーターズ ジョーン
書名ヨミ ユダヤジンハユウシイライ : パレスチナフンソウノコンゲン : ゲ
巻冊次
出版元 サイマル出版会
刊行年月 1988.9
ページ数 367p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4377307924
NCID BN02692975
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想