肝炎 : 最新の知見

市田 文弘【編】

[目次]

  • 肝炎ウイルス研究の史的動向
  • A型肝炎(発症機序と問題点
  • ワクチン開発)
  • B型肝炎(pre‐S抗原・ヒトポリマー化アルブミンレセプター
  • 発症病理-免疫学的考察
  • 劇症化の背景因子
  • 母児感染予防と新しい問題点
  • 肝細胞癌との関わり合い)
  • 非A非B型肝炎(病理ウイルスに関する最近の知見
  • 臨床的特徴と転帰(B型肝炎との比較))
  • アルコール性肝炎
  • 自己免疫性肝炎
  • 薬物性肝炎

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肝炎 : 最新の知見
著作者等 市田 文弘
書名ヨミ カンエン : サイシンノチケン
シリーズ名 消化器病セミナー 32
出版元 へるす出版
刊行年月 1988.9.20
ページ数 188p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想