王様の耳はロバの耳

高田 一恵【構成・文】;村野 守美【画】

「王様の耳はロバの耳」は、古代ギリシアの色々な地方に伝わる神話伝説を紀元1世紀頃ローマ帝国時代にまとめた神話の1つです。お話はパーン神と、アポロン神の音楽合戦の立合人になった王様が判定をパーン神の勝ちにしたためおこったアポロン神にロバの耳にされてしまいそれを知った床屋が悩み苦しむという、神と人間のつながりを描いた神話ロマンです。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 王様の耳はロバの耳
著作者等 村野 守美
高田 一恵
書名ヨミ オウサマノミミハロバノミミ
シリーズ名 おんどりアニメ絵本館 40
出版元 雄鶏社
刊行年月 1988.10.1
ページ数 45p
大きさ 15×15cm
ISBN 4277852408
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想