私たちの暮らしと放射能

電力政策研究会【編】

このところ、放射線に対する関心が高まっており、どんなに僅かであっても、身体に悪い影響を与えるということが強調され、放射線に不安をもっている人々が少なくないようです。欧州からの輸入食品の放射能が基準を少しでも超えれば、放射線の障害が直ちに起こるかのようにすぐに考えてしまう。また、基準以下であることが判っている食品でさえも"汚染"があること自体恐ろしいと言って、天然の食品にも放射性物質があることを忘れて、心配する人たちが現れている。そこで、電力政策研究会では、放射能、放射線の正しい知識を深めてもらう必要性を感じ、女性科学者3人に討議していただきまとめたのが、この小冊子です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 輸入食品の汚れと放射能(輸入食品の汚れ具合いは?汚染度チェック!
  • 輸入暫定基準ストップ!370ベクレル
  • 国内産の食品は大丈夫でしょうか?
  • チェ事故でどのくらい線量を受けた?
  • 日本では起こり得ない事故、汚染)
  • 第2章 身近かな放射線(自然放射線の"西高東低"分布
  • 自然、医量、核実験、原子力発電所からあびる放射線の量は?
  • 通常あびている量による人体への影響
  • 放射線"良い""悪い"区別はあるの?
  • 原子力発電所の環境への影響)
  • 第3章 暮らしの中の放射線とその影響(放射線を管理する
  • 放射線の影響研究
  • 放射線とガンおよび遺伝的影響
  • 不妊と奇形
  • 暮らしの中のさまざまな危険)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私たちの暮らしと放射能
著作者等 電力政策研究会
書名ヨミ ワタクシタチノクラシトホウシヤノウ
出版元 電力新報社
刊行年月 1988.9.15
ページ数 52p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 488555117X
NCID BN06997362
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想