教育権と教育制度

真野 宮雄;桑原 敏明【編著】

本書では、『教育権と教育制度』という共通テーマのもとに、編者に身近な中堅教育学徒が相寄り、教育制度の基礎的研究を試みようとした。とくに、各自がこれまでに蓄積してきた各専門領域の題材、対象とする国の個別的問題を分析素材として用いながら、『教育権と教育制度』をめぐる論理の解明を意図したのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 教育権と教育制度(教育権と教育制度)
  • 第2部 教育権論(子どもの人権・権利と学校
  • 親子間における子どもの意思決定-イギリス子ども関連法に即して
  • 学校教育における親の教育権
  • 教員の教育権の本質的条件-ソ連における教員の適格審査制度の成立と展開)
  • 第3部 学校体系論(非学校制度による「義務教育」の保障
  • 学校段階論の見直し-イギリスの中等学校体系を手がかりとして
  • 統一学校是非論-戦間期フランスの場合
  • 学校制度におけるアーティキュレーションのあり方-子どもの発達権・学習権保障の観点から
  • 学校制度における地域学校体系の設計-小学校配置計画を中心に
  • 生涯学習権を保障する教育制度を構想するための基本枠組み)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育権と教育制度
著作者等 桑原 敏明
真野 宮雄
書名ヨミ キヨウイクケントキヨウイクセイド
出版元 第一法規出版
刊行年月 1988.8.30
ページ数 373p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4474047141
NCID BN02797634
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想