華南戦記 : 広東攻略から仏印進駐まで

越智 春海【著】

華北から華中へと戦火を拡大した日本軍は昭和13年華南侵出を決定、広東攻略、海南島占領、南寧作戦、龍州作戦、賓陽作戦を展開、ついに援蒋ルートの根絶を名目にはじめて欧米勢力圏の一環である北部フランス領インドシナへ武力進駐して、日米開戦の破局に突入してゆく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 広東攻略作戦
  • 第五師団の戦歴
  • 南支戦線激動の年
  • 語られざる作戦
  • 北部仏印進駐
  • 私の仏印進駐
  • 付記-沢田茂回想録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 華南戦記 : 広東攻略から仏印進駐まで
著作者等 越智 春海
書名ヨミ カナンセンキ : カントンコウリヤクカラフツインシンチユウマデ
出版元 図書出版社
刊行年月 1988.9.20
ページ数 283p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想