龍門二十品  下

龍門二十品とは北魏時代に開鑿された龍門石窟内の、書法的に秀でた造像記20種の総称で、現在もっとも一般に行なわれている呼称である。中国法書選(20)の1〜10につづき、11〜20の造像記を収録した。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 龍門二十品
著作者等 角井 博
書名ヨミ リユウモンニジツホン : ゲ
シリーズ名 中国法書選 21
巻冊次
出版元 二玄社
刊行年月 1988.9.10
ページ数 65p
大きさ 31×20cm
ISBN 4544005213
NCID BN02640880
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想