新版 社会学概論 : 社会・文化・人間の総合理論

本間 康平;田野崎 昭夫;光吉 利之;塩原 勉【編】

本書は、現代社会学の全体像を理論的に体系化して叙述した概論として、つとに定評のあるもの。1970年代以降の社会の変化の動向を織り込むとともに、新しい理論を的確に位置づけて、新しいスタンダードとなることを期した。また、社会学最全前線の問題や関心も簡潔に紹介して今日的関心に応え、内容を一新した決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 社会学的視点(社会学の主題の歴史
  • 現代社会学の領域と方法
  • 社会の基礎理論
  • 文化の基礎理論
  • パーソナリティの基礎理論)
  • 2 社会学的分析の展開(相互作用と社会過程
  • 社会集団
  • 小集団
  • 組織体と官僚制
  • 社会成層
  • 社会意識
  • 情報とコミュニケーション
  • 人間と生態系)
  • 3 社会生活の領域(生活構造
  • 家族
  • 地域社会
  • 労働と経営)
  • 4 全体社会の構成(教育と社会
  • 経済と社会
  • 政治と社会
  • 法と社会)
  • 5 社会変動(集合行動と社会運動
  • 社会計画と社会発展
  • 全体社会の歴史的変動)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新版 社会学概論 : 社会・文化・人間の総合理論
著作者等 本間 康平
光吉 利之
塩原 勉
田野崎 昭夫
書名ヨミ シンパンシヤカイガクガイロン : シヤカイブンカ.ニンゲンノソウゴウリロン
シリーズ名 有斐閣大学双書
出版元 有斐閣
刊行年月 1988.9.15
版表示 新版
ページ数 518p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4641093679
NCID BN02604344
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想