相場罫線紙

小柴 直右【著】

この相場罫線紙は、新聞などの業界紙からの株式情報(始値・高値・安値・終値・出来高)を「信用銘柄(日足・週足)売買ポイント発見表」や「現物銘柄(日足・週足)売買ポイント発見表」に転記して、値動きと出来高の関係の流れを追及しながら、ポイント発見をし、融資が値動きの何倍であるか表示したり、又値動きと出来高の移動平均や指標を算出したりして、相場罫線紙にローソク足やイカリ足で値動きを表示し、かつ、来出高・貸株・融資などを表示して、相場の図式体得を容易にし、しかも、銘柄の総合的な動きが、合理的究極に相関的に表示できるものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 発見表の基礎知識(売買ポイント発見表と株価変動周期発見表の見方・使い方)
  • 第2章 罫線の基礎知識(相場罫線紙/陰線・陽線の表示)
  • 第3章 転記・表示の仕方(現物銘柄-日足・週足-売買ポイント発見表・相場罫線紙への転記例
  • 信用銘柄-日足・週足-売買ポイント発見表・相場罫線紙への転記例)
  • 第4章 発見表の活用(現物銘柄-日足・週足-売買ポイント発見表の算出例
  • 信用銘柄(日足・週足)売買ポイント発見表の算出例
  • 株価変動周期発見表の算出例)
  • 第5章 相場術の図式体得の補完(利食い成功へのメッセージ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 相場罫線紙
著作者等 小柴 直右
書名ヨミ ソウバケイセンシ
出版元 発明開発連合会
刊行年月 1988.8.30
ページ数 17p
大きさ 22×31cm
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想