肝障害と免疫療法

西岡 幹夫;森実 敏夫【編】

本年2月20日開催された第21回"消化器と免疫"研究会におけるワークショップ"肝障害と免疫療法"が西岡幹夫教授と森実敏夫講師の司会で行われた。本書は、そのときの記録に"肝炎の免疫療法"と"肝細胞癌と免疫"という二つの解説を加えてまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1. B型肝炎におけるインターフェロン療法時のHBV‐ポリマー化アルブミンレセプター活性(HBV‐pAR)とpAR抗体の臨床的意義
  • 2. recombinant interleukin 2投与によるB型肝炎ウイルス増殖抑制におけるγ‐interferon関与の可能性
  • 3. B型慢性肝炎肝組織内におけるHBe抗原、pre‐S2抗原の局在とIFN投与による変化
  • 4. B型慢性肝炎に対するインターフェロン、インターロイキン2併用療法
  • 5. recombinant interleukin‐2(rIL‐2)治療によるB型慢性肝炎の電顕的検討
  • 6. recombinant HBcAgのLAK活性誘導抑制作用
  • 7. マウス肝転移モデルに対するrIL‐2の経直腸投与による抗腫瘍効果
  • 8. 肝細胞癌に対するrecombinant interleukin‐2の全身投与における各種免疫パラメーターおよび臨床的効果

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肝障害と免疫療法
著作者等 森実 敏夫
西岡 幹夫
森実 敏夫
書名ヨミ カンシヨウガイトメンエキリヨウホウ
出版元 日本医学館
刊行年月 1988.8.22
ページ数 106p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4890440372
NCID BN02565479
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想