女人平家  下

吉屋 信子【著】

西八条の私邸で大切に育てられた6人の姫たちは、平家のために政略的な結婚を余儀なくされ、それぞれ権門に嫁していく。その頂点が徳子の入内であった。その陰には、大江広元への淡い恋を秘めながら、帝の目に止まるのを恐れて他家へ嫁がせられた異腹の娘佑子の悲劇があった。やがて徳子は男子を生み、安徳帝となり、清盛の栄華は極まったかに見えたが…。滅びへと向かう平家の歴史を、清盛の妻時子と6人の姫たちを通して描く。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女人平家
著作者等 吉屋 信子
書名ヨミ ニヨニンヘイケ : ゲ
シリーズ名 角川文庫
巻冊次
出版元 角川書店
刊行年月 1988.9.10
ページ数 371p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4041734029
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想