修羅海道 : 清水次郎長伝  下

津本 陽【著】

子分石松の死とその仇討ち、黒駒の勝蔵との確執、そして荒神山の血闘-波瀾の日々を送るうちに、次郎長は、東海道に隠れもない大親分と謳われるようになった。やがて王政復古、御一新の波は次郎長の身にもおよび、彼は山岡鉄舟と肝胆相照らす仲となる。動乱の時代に生まれ、怒涛のような一生を送った男を描く侠客伝の傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 修羅海道 : 清水次郎長伝
著作者等 津本 陽
書名ヨミ シユラカイドウ : シミズノジロチヨウデン : ゲ
シリーズ名 角川文庫
巻冊次
出版元 角川書店
刊行年月 1988.9.10
ページ数 237p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 404171303X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想