天地燃える  中

南原 幹雄【著】

開幕して数十年、一見着実な地歩を築いたかに見える幕府をゆるがすような事件が続発する。それは復讐のためなら、どのような所作もいとわぬ風魔一族の仕業であった。一方、権力の最深部将軍家では、家綱一派と、腹ちがいの弟綱重を祭りあげる竹橋党との抗争があった。家綱一派の重鎮松平信綱につかえる仏竜之助は、風魔一族の恐ろしい野望を阻止せんと行動を開始する。一方、風魔の白刃は、竹橋党の大立者井伊直孝へ向けられるが-。危機迫る江戸の町を中心に疾風の如く行動する風魔一族を鮮やかに映しだす力作長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天地燃える
著作者等 南原 幹雄
書名ヨミ テンチモエル : チユウ
シリーズ名 角川文庫
巻冊次
出版元 角川書店
刊行年月 1988.9.10
ページ数 270p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4041633125
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想