天地燃える  下

南原 幹雄【著】

箱根山中奥深くに本拠を構えていた風魔の首領強羅小次郎は、その場を引き払い、満を持したように江戸に進攻した。将軍家綱一派の重鎮松平信綱につかえる仏竜之助は、将軍の危機を察して、自ら護衛を買ってでる。風魔は、江戸のあらゆる場所から火をつけ、おりからの強風を利用して、町を大混乱に陥れる。そしてついに、小次郎は江戸城内に斬り込んでいく。紅蓮の炎をあげて崩れ落ちてゆく江戸を力強い筆致で描き、明暦の大火の謎に肉迫する大作の最終巻。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天地燃える
著作者等 南原 幹雄
書名ヨミ テンチモエル : ゲ
シリーズ名 角川文庫
巻冊次
出版元 角川書店
刊行年月 1988.9.10
ページ数 293p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4041633133
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想