スピリット・ダンシング : リンゼイ・ケンプの世界

橋本 ユキ;北折 智子【編】

デヴィッド・ボウイやケイト・ブッシュの才能を花開させた仕掛け人。天性のダンサーにして画家、演出家でもあるリンゼイ・ケンプ。自らのカンパニーを率いて世界各地をまわり、『真夏の夜の夢』『フラワーズ』など、公演のたびに大きなセンセーションを巻きおこしている。神話につつまれたアーチストの魅力の源泉を明かすべく、二人の女性が彼を追い、徹底インタヴューをおこなった。リンゼイ・ケンプがその全貌を顕した、世界でも初めての本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • サーカス(超越サーカスへようこそ!
  • ネイチャーズ・ダンス)
  • ワークショップ(まず精神操作術を学ぼう
  • 自分の感じるように、自分が動きたいように動くには-
  • 自分を発見する)
  • アーチスト(アーチストの条件
  • デヴィッド・ボウイトの出会い
  • メーキャップの真実
  • 色彩をめぐる断章
  • 天使と飛行術
  • 性の横断 両性具有の試み)
  • ライフステージ(挫折からの出発
  • 悲劇と死を見つめて)
  • バルセロナのリンゼイ・ケンプ-橋本ユキ
  • リンゼイ・ケンプ略年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スピリット・ダンシング : リンゼイ・ケンプの世界
著作者等 北折 智子
橋本 ユキ
書名ヨミ スピリツト.ダンシング : リンゼイ.ケンプノセカイ
出版元 晶文社
刊行年月 1988.8.30
ページ数 177p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4794957823
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想