IEEEソフトウェア  '88

IEEEソフトウェア編集委員会【編】

IEEE Softwareはアメリカを中心とする電気電子学会のコンピュータ部門の機関誌で、ソフトウェアの最先端のテーマをわかりやすく解説していることで定評がある。その中から日本の研究者や技術者にも役立つ記事を選んで年1回刊行する。今回はホーアやミルスなど第一級の研究者が、オブジェクト指向言語、視覚言語、ソフトウェア再利用など、最先端で実用的なテーマについて解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プログラミング-魔術か科学か?
  • Cedarへの旅
  • 視覚言語とは
  • プログラミング言語と抽象化
  • Smalltalkによるプロトタイピング
  • プログラミングの進化論
  • 構造化プログラミング-回想と展望
  • ソフトウェア再利用は役に立つか?
  • ソフトウェア部品の分類と再利用
  • 部品からのソフトウェア合成
  • 仕様をきちんと書くには
  • 計算機システムを設計する人のために
  • 〔ソフトウェア評論〕デスクトップ・パブリッシング

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 IEEEソフトウェア
著作者等 IEEEソフトウェア編集委員会
書名ヨミ IEEEソフトウエア : 88
巻冊次 '88
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.8.25
ページ数 185p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 4000099612
NCID BN02652835
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想