発達検査と発達援助 : 誕生から3歳まで

前川 喜平;三宅 和夫【編】

現在、私たちの赤ちゃんは3カ月健診、1歳半健診、3歳児健診などのスクリーニングを受け、手厚く見守られています。けれども、その健診の中身は各地でまちまちです。各種の検査法の成り立ちや内容を検討し、本当の発達の援助につながる充実した方法を模索します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 発達検査の成立、その必要性と問題点(乳幼児をどのようにみるか
  • 発達検査の歴史-統計と標準化の問題点 ほか)
  • 各論1 新生児と行動評価(新生児・乳児の発達心理学的行動観察
  • プレヒテル神経学的診療法 ほか)
  • 各論2 乳幼児を診る(行動発達の診察、スクリーニング
  • 家庭環境を見る ほか)
  • 各論3 乳幼児の発達とその検査法(乳幼児精神発達診断法
  • JDDST日本版デンバー式発達スクリーニング検査
  • MCCベビーテスト ほか)
  • 各論4 知能とことばの発達、その検査(幼児の知能の発達とその検査
  • 幼児のことばの発達とその検査)
  • 各論5 検査の結果と発達の援助(小児科から
  • 心理学から
  • 援助のシステムとチームワーク)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発達検査と発達援助 : 誕生から3歳まで
著作者等 三宅 和夫
前川 喜平
書名ヨミ ハツタツケンサトハツタツエンジヨ : タンジヨウカラサンサイマデ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1988.9.1
ページ数 268p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4623018571
NCID BN02991375
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想