「国際化」と日本の婦人 : 婦人白書  1988

日本婦人団体連合会【編】

[目次]

  • 1 「国際化は」婦人になにをもたらすか
  • 2 婦人とくらし(「国際化」と国民生活
  • 円高、貿易「自由化」の下でのくらし
  • 増大する食糧輸入と食品の安全性)
  • 3 婦人と労働(婦人労働者
  • 「均等法」政府調査にみる施行状況と問題点
  • パートタイマー・再雇用制度など
  • 育児休業法案をめぐってその動向と課題
  • 海外の婦人労働の動向
  • 家内労働に従事する婦人
  • 農村婦人)
  • 4 婦人と社会保障(社会保障の「国際化」とは
  • 医療保障
  • 高齢者福祉
  • 保育所
  • 母子福祉)
  • 5 婦人と教育(教育改革のもたらすもの
  • 「教育改革」と女子教育
  • 情報化と教育
  • 婦人研究者)
  • 6 婦人の意識(「国際化」と婦人の意識
  • 「国際化と」併存する日本主義)
  • 資料(育児休業制度の確立のための日本共産党の提案
  • 四野党共同育児休業法案要綱
  • 昭和62年度育児休業制度実態調査結果)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「国際化」と日本の婦人 : 婦人白書
著作者等 日本婦人団体連合会
書名ヨミ コクサイカトニホンノフジン : フジンハクシヨ : 1988
巻冊次 1988
出版元 ほるぷ出版
刊行年月 1988.9.15
ページ数 304p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4593680123
NCID BN02833396
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想