古代史論集  中

直木孝次郎先生古稀記念会【編】

[目次]

  • 大宝令施行時の地方財政関係史料について(榎英一)
  • 「薩摩国正税帳」についての二、三の問題(中村明蔵)
  • 大宝令制下の私的土地所有(角林文雄)
  • 天平期における地方支配の一断面-正税帳国司巡行記載の分析をとおして(高垣義実)
  • 奴を養子に迎えた一女性(林紀昭)
  • 背奈福信と相撲(近江昌司)
  • 広嗣の乱と勅符(柳雄太郎)
  • 光明皇太后崩後の藤原仲麻呂政権-周忌斎一切経書写事業の検討を通して(山本幸男)
  • 明法曹司について(水本浩典)
  • 国司と軍団(長山泰孝)
  • 軍団の等級について(松本政春)
  • 日本古代畠作論ノート-「陸田」を手がかりに(木村茂光)
  • 古代の樋に関する覚書(亀田隆之)
  • 日本律令制下の売買文書の特質(仲森明正)
  • 口分田班給の実態に関する初歩的考察(舟尾好正)
  • 「東大寺開田図」の系譜と構成(藤井一二)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代史論集
著作者等 直木 孝次郎
直木孝次郎先生古稀記念会
書名ヨミ コダイシロンシユウ : チユウ
巻冊次
出版元 塙書房
刊行年月 1988.8.15
ページ数 450p
大きさ 21cm(A5)
NCID BN02180984
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想