からくり殺法 : 白柄朱膳事件帖

風巻 紘一【著】

くたびれた黒羽二重の着流しに雪駄ばき、はげた朱鞘を落とし差しにしたどこから見ても尾羽打ち枯らした浪人者は、人呼んで白柄朱膳。元高遠藩士で、その剣法は一刀微塵流。たったの一刀で、四方八方の敵を粉砕するという"あばれ剣法"であった。北町奉行遠山金四郎を友とする白柄朱膳が立ち向かう大江戸の怪事件とは…?稀代の絵師瀬川春草が呼び売りのかわら版に描いた"大江戸小町づくし28美人"が身を投げるやら斬り殺されるやら、はたまた心中やらとつぎつぎに惨事に見舞われるという奇怪な事件がひきつづいていた。つぎは御蔵小町、春草の娘(黒い水面)。-大江戸の闇に出没する怪人変化のからくりを斬る破邪の剣。白柄朱膳事件帖。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 朱鞘の浪人
  • 折りづる怪盗
  • 黒い水面
  • 菊姫さま
  • 消えた雌ぎつね
  • ふりそで女郎
  • 疾風まんじ組
  • 死の紋章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 からくり殺法 : 白柄朱膳事件帖
著作者等 風巻 紘一
書名ヨミ カラクリサツポウ : シラツカシユゼンジケンチヨウ
シリーズ名 春陽文庫
出版元 春陽堂書店
刊行年月 1988.8.25
版表示 〔改装版〕
ページ数 241p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4394132053
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想