AETとつきあう18章

新英研中央常任委員会【編】

本書は、現場でAET(外国人英語講師)を迎えて、どのように対応すればよいのであろうかということから出発して、AETと一緒に、日本の英語教育のあり方を考え、ゆたかな授業展開ができるようにまとめられています。本書の特色は次の4つにまとめることができます。1.初めてAETと出合って、どうしたらよいかがやさしくまとめられています。2.日常の生活の中でのAETとのつき合い方がやさしくまとめられています。3.AETを迎えて、どのように授業をすすめればよいかが、実践的にまとめられています。4.現場の教師がAETと日本の英語教育のあり方や問題点について話し合うことができるように、豊富な資料がまとめられています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • PART1 AETとつきあう(「国際化」時代の英語教育-Human and Cultural Communication
  • AETを呼ぶ
  • 授業の前に
  • 授業が終わって
  • AETへの気くばり
  • 日本の四季
  • 学校行事をもとに
  • すぐつかえる「生徒の英会話」)
  • PART2 Let's team‐teachアイディア集(AETを紹介する
  • 生徒とAETの出合い
  • とっておきのゲーム
  • ワンショットの工夫
  • レギュラービジットの工夫
  • 生徒とつくる歓(送)迎会
  • 生徒の質問
  • AETとつき合うための表現)
  • PART3 Let's team‐teach実践例(AETとつくる中学校の授業
  • AETとつくる高校の授業
  • ティームティーチングでつかえる表現)
  • PART4 コミュニケーションを深める(知っておきたいAET事情
  • 資料・AETと語る教育理念)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 AETとつきあう18章
著作者等 新英研中央常任委員会
書名ヨミ AETトツキアウ18シヨウ
シリーズ名 国際化時代の英語教育 1
出版元 三友社出版
刊行年月 1988.8.20
ページ数 190p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想