ドキュメント チェルノブイリ

松岡 信夫【著】

チェルノブイリ原発事故から早くも2年。語られ論じられるほどには、情報が少なくその全体像がわからないチェルノブイリ…。本書は、現地紙をはじめとするソ連国内の各紙誌を原資料として、今日知りうる事実だけを元に、チェルノブイリ原発事故の全過程とその影響がますます深刻化する2年間の動きを、忠実に追ったドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 原子炉暴走
  • 第2章 魔の明り
  • 第3章 汚染地域
  • 第4章 モスクワ第6病院
  • 第5章 「幽霊」たちの除染作業
  • 第6章 試される人びと
  • 第7章 コマリンから来た女たち
  • 第8章 英雄神話
  • 第9章 水汚染とのたたかい
  • 第10章 石棺建造
  • 第11章 スケープゴート
  • 第12章 傷ついた大地
  • 第13章 ドニエプルよ永遠に
  • 第14章 建設続行か中止か?
  • 第15章 過大な原子力計画
  • 第16章 避難民たちの冬
  • 第17章 30キロ・ゾーンの内側で
  • 第18章 ホイニキの住民集会
  • 第19章 埋葬されたカメラ
  • 第20章 刑事裁判
  • 終章 2年後の春
  • チェルノブイリ原発事故関係者日誌〔1986・4・25〜1988・4・30〕
  • 補遺(レオニード・イリイン医学アカデミー副総裁の説明
  • 「チェルノブイリ原発事故の医学的側面」国際会議
  • キエフ会議の討論から
  • 放射線状況の広報について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドキュメント チェルノブイリ
著作者等 松岡 信夫
書名ヨミ ドキユメントチエルノブイリ
出版元 緑風出版
刊行年月 1988.8.9
ページ数 36p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想