乳幼児保育実践研究の手びき

森上 史朗;大場 幸夫;無藤 隆;柴崎 正行【編】

すばらしい保育実践をする人、それをいきいきと話すことが出来る人は沢山います。けれども、それをまとめ、文章にし、発表し、積み重ねることの出来る人はそんなにいません。保育者の専門性が問われている今、園内研修や地域研修をかかすことは出来ません。そんな時、本書を座右におけばもう心配はいりません。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 乳幼児保育実践研究のすすめ(森上史朗)
  • 1 園における実践研究の進め方(大場幸夫)
  • 2 保育場面における観察と記録(無藤隆)
  • 3 実践研究のまとめ方(柴崎正行)
  • 付 記録を視覚化し、構造化する例(吉田瑞穂)
  • 4 研究保育、保育カンファレンスの実践(吉村真理子
  • 菅田栄子
  • 香椎弥生)
  • 5 実践研究/レポートとコメント
  • 6 よりよい実践研究のために(森上史朗)
  • 私がすすめる本-これからの保育実践研究のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乳幼児保育実践研究の手びき
著作者等 森上 史朗
柴崎 正行
無藤 隆
大場 幸夫
書名ヨミ ニユウヨウジホイクジツセンケンキユウノテビキ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1988.8.1
ページ数 261p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4623018563
NCID BN08076227
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想