悪の扉  下

和久 峻三【著】

大証券会社が企業、政治家と仕組んだ手口にはまり「客殺し」にあった森本美津子は、金富証券の営業マン古橋実を告訴した。"法廷荒し"と異名をとる弁護士・猪狩文助が公判において,証券会社の手口を暴いて会社側を究地に追い込もうとした矢先、被告人の古橋が殺され、美津子が殺人容疑で逮補された。すべてを失った美津子の復讐か、仕組まれた罠か。居眠りしていた猪狩老人の眼が、ぱちっと開いた。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悪の扉
著作者等 和久 峻三
書名ヨミ アクノトビラ : ゲ
シリーズ名 角川文庫
巻冊次
出版元 角川書店
刊行年月 1988.7.25
ページ数 292p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4041421810
NCID BN0263099X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想