社長のこころ : 30年間社員に送りつづけたメッセージ

田辺 昇一【著】

人はときにはなにかに触発されて生まれ変わったように自ら火をつける。主役となって動きだす-。毎月の給料袋に一人ひとりが、自主的に成長するように祈りをこめて書いた社長のメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 育てる(人生は長いようで短い
  • お客さまが値打ちを決める
  • 人生の成功は時のとらえ方いかん
  • 大きくなるより中身をよくすることが先決
  • 一人のミスでゼロになる ほか)
  • 第2編 伸びる(時間をかけて実力を養う
  • お客は厳しい批判の目をもっている
  • 一挙手が世間に駆けるタナベの信用を左右する
  • 待遇は一流、仕事は三流ではおしまいである
  • 他人のことを気にしているうちはホンモノでない ほか)
  • 第3編 健やかに(ガッチリためこんで心にカギを
  • 二流、三流で満足してもらっては困る
  • お客さまはよく勉強している
  • 自己啓発は毎日24時間の設計である
  • やれるときやり、ゆけるときゆく ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社長のこころ : 30年間社員に送りつづけたメッセージ
著作者等 田辺 昇一
書名ヨミ シヤチヨウノココロ : サンジユウネンカンシヤインニオクリツズケタメツセ-ジ
シリーズ名 Eagle Books
出版元 タナベ経営
刊行年月 1988.7.25
ページ数 499p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想