叫び : 品位ある死を求めて

クリュション シモーヌ<Cruchon Simone>;ティボー オデット<Thibault Odette>【著】;石川 布美【訳】

「私たちは人が死ぬ手助けをした」という、ふたりの著者の証言にはじまって、《尊厳死宣言書》という文書で終わるこの本は、<安楽死>というものを、いきなり、生身の人間の問題として、日常生活のなかの出来事として突きつけた。この本は、20世紀も終わろうとしているこの時代の人間と社会の状況を、ある角度から描きだしたドキュメントとしても価値を持つであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 安楽死(私たちは安楽死を実践した
  • 長い闘い
  • 「賛成です」)
  • 第2章 延命治療への固執(何のための延命か
  • ここまま死なせてやってください!
  • 《ムーロワール》の入口で)
  • 第3章 完全に自由な自殺(助けて!
  • 自殺-自覚をもって死ぬために
  • 自殺未遂の悲劇)
  • 第4章 第3者の証言(看護人たち-最前線で
  • 医師に物申す
  • あるジャーナリストの意見)
  • 結論
  • 附録(医師に対する調査
  • 倫理規定および刑法の改革案
  • ADMD
  • 尊厳死宣言書)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 叫び : 品位ある死を求めて
著作者等 Cruchon, Simone
Thibault, Odette
石川 布美
ティボー オデット
クリュション シモーヌ
書名ヨミ サケビ : ヒンイアルシオモトメテ
出版元 田畑書店
刊行年月 1988.7.10
ページ数 203p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN02625934
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想