魔蜘蛛警視の迷宮

志茂田 景樹【著】

池本悟道は、真言密教・本慶寺の住職。昼寝とパチンコが趣味の自堕落な僧だが、かつては警視庁の敏腕デカ。猛妻珠子の尻に敷かれてはいても、ひとたび、妖しい事件の臭いをかげば、その双眸、肉食獣のごとく、輝く。子供の掌ほどもある巨大な魔蜘蛛を操つり、人智も遠く及ばぬ奇怪な闘いに挑むのだ。池本家に代々伝わる蠱術によって生み出された魔蜘蛛は、女郎ぐもの突然変異種。秘めたる妖力は並ぶものなし。容赦なく吐き出す赤い死の糸…。現代の闇に潜む魔物に仕掛けられた必殺の罠。熾烈!妖怪狩り6番勝負。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魔蜘蛛警視の迷宮
著作者等 志茂田 景樹
書名ヨミ マクモケイシノメイキユウ
シリーズ名 トクマ・ノベルズ
出版元 徳間書店
刊行年月 1988.6.30
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 4191536877
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想