骨肉の掟

大薮 春彦【著】

着陸したジャンボから吐きだされる人波。その中に二見沢建一はいた。十数年ぶりの帰国はマフィアの死刑執行人としてであった。首領マリオから、マフィア日本支部の不正疑惑追及の指令が下ったのだ。懐かしさに訪れた生家はなく、両親は事故死。弟は巨万の遺産で五光コンツェルン重役の地位を得ていた。支部傘下の暴力団に潜入した二見沢は、たて続けに暗殺者の銃弾に晒される。指令は漏れていたのか?疑惑の中枢に迫った二見沢の前に大きく立ちはだかったのは、弟が次期社長を約束されている五光コンツェルンだった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 骨肉の掟
著作者等 大薮 春彦
書名ヨミ コツニクノオキテ
シリーズ名 トクマ・ノベルズ
出版元 徳間書店
刊行年月 1988.6.30
版表示 〔新装版〕
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 4191014080
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想