タロット日美子の魔法教団

斎藤 栄【著】

魔女になる。-女子大生・麻裕美は書き置きを残して家出した。後見人・秋山涼子の依頼で、二階堂日美子は彼女の行方をタロットカードで占った。<世界>のカードの意味は、東・冒険旅行・合格・恋愛の成功。行先は、岩手魔法教団。しかし、電話の照会では、そんな娘はいないという。それに、「恋愛の成功」とは…?日美子は、岩手へ旅立った。雪深い山中にある、社会から隔離された魔女の館。麻裕美を捜すうちに、教団職員が次々と殺された。犯人を示す謎の暗号。警察の手の届かない魔法教団の謎に、日美子が迫る。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 タロット日美子の魔法教団
著作者等 斎藤 栄
書名ヨミ タロツトヒミコノマジツクスク-ル
シリーズ名 トクマ・ノベルズ
出版元 徳間書店
刊行年月 1988.6.30
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 4191536869
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想