優しく鍛える : 自立をめざす子育て

野口 芳宏【著】

非行にも走らず、登校拒否にもならず、やる気満々、明るく、逞しく現代を生きぬいていく子供を育てたい。-そう願う方々との対話を求めてこの本は書かれました。「優しく鍛える」という本書の内容は、すべて私の実践をくぐらせて書いたものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 わが子がいる-ああ!そのことのすばらしさ(子どもはかげがえのない宝です
  • 子育ては、最上最高の楽しみです)
  • 2 子どもに生きていることのすばらしさを-お手伝いはこんなに楽しい(日曜日は家族労働日です
  • 手伝わせるのも愛の行です
  • 手伝いは家族を結びつけます)
  • 3 子どもにも責任を-自立はそこから始まる(現在こそが真実です
  • 責任は子どもにあります
  • 金銭のしつけは責任感を育てます)
  • 4 子育てに手ぬきを-そこから子どは立ち上がる(行き届きすぎの害もあります
  • しない方がよい親切もあります
  • こんなことばが心を育てます)
  • 5 親子の現代模様考-子どもの世話になれる老者を
  • 6 母の大役、父の責任-子育ては国家百年の大事業(夢の叶え方には二つあります
  • 「自由」を履き違えると大変です
  • 外国では「国家意識」を高めています
  • 子育ては国家的大事業です)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 優しく鍛える : 自立をめざす子育て
著作者等 野口 芳宏
書名ヨミ ヤサシクキタエル : ジリツオメザスコソダテ
シリーズ名 家庭教育新書 1
出版元 明治図書出版
刊行年月 1988.7
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 4189421073
NCID BN02999082
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想