超高層死美人ホテル : ハイスクール八犬伝  2

橋本 治【著】

大手出版社の女性編集者の謎の爆死のあと、里見高校2年生の伏見しのぶと荘田礼子は、同級生の亀井微笑子が"手首"だけを残して消失するという不気味な事件に遭遇した。その日、那須高原では"金毛白面九尾の狐"が化けた殺生石が崩れて"奥の細道探訪ツアー"の一行が生き埋めになった。礼子としのぶは、保健室で巫女柴先生に迫られる浜路透を目撃、その直後、口裂けジョーズと化した巫女柴先生が襲いかかってきた。しのぶは3階の窓から飛びおりたとき、微笑子の"手首"に助けられた。彼女の掌には「孝」の文字が牡丹の花に浮かびあがって…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超高層死美人ホテル : ハイスクール八犬伝
著作者等 橋本 治
書名ヨミ チヨウコウソウシビジンホテル : ハイスク-ルハツケンデン : 2
シリーズ名 トクマ・ノベルズ・ミオ
巻冊次 2
出版元 徳間書店
刊行年月 1988.6.30
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 4191536907
NCID BB03732163
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想