ドストエフスキー初期作品の世界

清水 正【著】

ドスエフスキーと対峙すること20年余におよぶ著者が、初期作品『貧しき人々』『分身』『プロハルチン氏』『ポンズンコフ』等に焦点をあてて論ずる長篇論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ドストエフスキー-そのディオニュソス的世界
  • 『貧しき人々』の多視点的考察
  • 意識空間内分裂者による『分身』解釈
  • 『プロハルチン氏』をめぐって
  • 『おかみさん』の世界-胎内回帰とその挫折
  • 道化が戯れに道化を論ずれば-『ポルズンコフ』を中心に
  • 『弱い心』の運命
  • 関係の破綻と現実還帰の試み-『正直な泥棒』『白夜』『他人の妻とベッドの下の夫』をめぐって
  • 父親殺しと再生への途-『ニェートチカ・ニェズヴァーノヴァ』について
  • 死の家の記録
  • 喜劇作家ドストエフスキー-『おじさんの夢』を中心に
  • 道化と赦しの物語-『スチェンパンチコヴォ村とその住人』について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドストエフスキー初期作品の世界
著作者等 清水 正
書名ヨミ ドストエフスキ-シヨキサクヒンノセカイ
出版元 沖積舎
刊行年月 1988.6.28
ページ数 404p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4806045225
NCID BN02535081
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想