教師のライフコース : 昭和史を教師として生きて

稲垣 忠彦;寺崎 昌男;松平 信久【編】

教師の専門的力量とはなにか。その力量は、いつ、どこで、どのように獲得されてゆくのか。昭和6年長野県師範学校卒業生の40年におよぶ教職経験を克明に分析。教育改革の焦点におかれている教師教育のあり方に豊富な示唆を提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 研究の目的と方法(稲垣忠彦)
  • 第1章 家庭と学校で受けた教育(松平信久
  • 望月厚志)
  • 第2章 師範学校への入学とその教育(前島康男
  • 佐藤学)
  • 第3章 教師としての成長を支えるもの(山〓@4BD0準二
  • 前田一男)
  • 第4章 最初の10年間(山〓@4BD0準二)
  • 第5章 学校という場とその影響(前田一男)
  • 第6章 管理職期の経験(中村一雄
  • 松平信久)
  • 第7章 激動する時代のなかで(寺崎昌男
  • 北村和夫
  • 鈴木そよ子)
  • 第8章 教師にとって必要な力量(松平信久)
  • 終章 教師教育への示唆(稲垣忠彦)
  • 補論 ライフコースの視点から(森岡清美)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教師のライフコース : 昭和史を教師として生きて
著作者等 寺崎 昌男
松平 信久
稲垣 忠彦
書名ヨミ キヨウシノライフコ-ス : シヨウワシオキヨウシトシテイキテ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1988.6.25
ページ数 317,13p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4130530763
NCID BN0235818X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想